スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬ノコの無駄合その2

今回は、「合駒をすぐに取らなくてもいい?」という話題です。

まずは、2010年に行われた、1手詰?コンクールの例題
1手詰?コンクール例題
73飛成、83歩、82龍、84玉、83龍、75玉、
74龍、66玉、65龍、57玉、56龍、68玉、
69龍、67玉、58龍、66玉、56龍、75玉、
65龍、84玉、74龍、93玉、73龍
で無事ループ完成
したがって、83歩が復元型無駄合になるため、
73飛成まで1手詰


1942年に図示されたという謎作品「驀進」
驀進
93飛成、85玉、84龍、76玉、75龍、67玉、66龍、58玉、68龍、47玉、
48龍、36玉、37龍、25玉、26龍、34玉、24龍、43玉、33龍、52玉、
42龍、63玉、72龍、53玉、62龍、44玉、42龍、34玉、33龍、25玉、
(略)
75龍、94玉、74龍(ここからループ開始だが、同じ感じなので略)

※謎なのはこないだ図書館で見られなかったため


どちらの作品も、ヒモつきの合駒をワンクッション入れてから拾っています。
しかし、結局持駒が増えた状態で元の局面に戻すことができるので
無駄合と判定されるということのようです。

これは本当に馬ノコの無駄合に入れていいのでしょうか?


1手詰?コンクールの方は、
「これを認めたらどうなるの?」
な作品を募集する目的なので、この仕様になっていることにはなんとなく納得できるのですが、
「驀進」の方は本当に謎です。当時はどう思われていたのでしょうか。

いずれにしても、現代では無駄っぽさは限りなく低いでしょう。


※初めてコレを目にしたときには「え?いいの?」と思っていたのですが、
 それ以前のノートに1作ありました。自分が何を考えていたのかさっぱりわかりません。


追記:
森信雄さんがこれに該当する図を出しているという情報を得たので、調べてみたところ次の図を発見しました。

『将棋世界』付録「森信雄ワールドPart2」p.80より
参考2図

 参考2図は出題しなかったが、▲2四飛△1五玉▲2七飛まで3手詰。(?)最終局面で△2四歩なら▲2五飛△1四玉▲2四飛△1五玉▲2七飛のサイクルで詰みという奇妙な問題である。
 果たして3手詰といえるかどうか、頭がクラクラしそうで辞めた。


※▲△は将棋駒形だったのですが、再現法が分かりませんでした。

似たようなループ手順を使ったことがあるのですが、当時は知りませんでした。
主張内容が違うので、たぶん別作として扱われると思いますが、どうなんでしょう……


参考文献
WFP第21号「1手詰?コンクール」:http://www.dokidoki.ne.jp/home2/takuji/WFP21.pdf
WFP第30号「1手詰?コンクール追記3」:http://www.dokidoki.ne.jp/home2/takuji/WFP30.pdf
『将棋世界』2004年1月号付録「森信雄ワールドPart2」

前の記事
次の記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sogain

Author:sogain
使い方がよく分からん
私の立場については下の「立場」から
簡単な説明は「はじめに」から
まとめは「まとめ」から
とかやればいいんだろうか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。