スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よく分からない合駒

飛打飛合の詰将棋を作って柿木先生に見せたところ、
想定手順より2手長い手数を返してきました。

おかしいぞと思い、手順を確認してみたところ、次のような手順でした。
飛打飛合
(※抽象した図です。受方の持駒が制限されています。ご注意ください)

作意手順
23飛、24飛合、同飛成、同玉、23飛まで5手詰

柿木先生の解答
23飛、24飛合、同飛成、36玉、27角、46玉、26龍まで7手詰飛歩余り

※変化手順
2手目に36玉は、27角、46玉、26飛成まで5手歩余り

よく分からないのでこの図は断念しました。


柿木の画面を眺めていたら、そういえばということで
『詰棋めいと』30号~31号の縫田光司氏作を思い出しました。
縫田氏作
小邑沙樹氏の「ML規約談義 予告編」から引用

 この作品の本手順は次のどれだろうか?
(A)49角、74角合、同飛生、87玉、88歩、同桂成、96角まで7手詰[完全作]
(B)49角、74角合、同飛生、66玉、76飛、57玉、58歩、67玉、78銀まで9手詰[Aの7手詰と並立する2手変長作]
(C)49角、66玉、76飛生、57玉、58歩、67玉、78銀まで7手詰[駒余り不完全作]

(中略)

 ちなみに、(A)と(B)は2手目の「74角合」を有効合と見て、(C)は無駄合と見ている。


同じという訳ではないのですが、なんとなく思い出す感覚は分かってもらえるでしょうか?


そういえば(2度目)、この縫田氏作って、無駄合@wikiの広義無駄合に当たるのかな?
よく分からないです。

結論:どっちにしてもよく分からない


参考文献
小邑沙樹(2002)「ML規約談義 予告編」『詰棋めいと』30号
スポンサーサイト
プロフィール

sogain

Author:sogain
使い方がよく分からん
私の立場については下の「立場」から
簡単な説明は「はじめに」から
まとめは「まとめ」から
とかやればいいんだろうか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。